毛穴を綺麗に

大きくなったり炎症を起こさない為に

角栓が出来ると、毛穴を大きくしたり炎症が起こったり、場合によっては傷跡になったりシミやホクロの原因になる事もあります。 炎症が起きていないようであれば、長く放置して問題が無い場合もありますが、角栓が徐々に大きくなる場合があります。 その場合は角栓を取り除いた後に、大きな穴が残る事があります。 その穴は自然に閉じる事もありますが、閉じない事も少なくありません。 そうした事に陥らない為には、まずは角栓の出来ない肌作りが大切です。 その為には、毛穴の汚れを綺麗に落とす洗顔料やクレンジングが頼りになります。 ポイントは、洗う時にまずは毛穴を開く事で、入浴時や温水洗顔や、スチームを使うなどで得られます。 そして開いた毛穴に、よく泡立てた洗顔料やクレンジングを馴染ませて汚れを浮き立たせます。 そして再び毛穴が開く環境で洗い流し、仕上げに冷水で肌を引き締めるように洗うとすっきりします。 そうした習慣で、角栓を防いだり大きくなる事や、炎症を防ぐ事が期待出来ます。

時機を見てピーリングなどの方法もある

角栓は、出来ないようにする事が理想ですが、中々難しい事です。 特に化粧をする場合には、出来る可能性が高いです。 洗顔やクレンジングで防ぐ事は出来ますが、毛穴を開いて汚れを落とすといった手間が欠かせません。 そうした手間を惜しむ場合は、時機を見て角栓を取り出し、ピーリングなどで毛穴を縮小するという方法があります。 角栓を取った後に毛穴が目立つのは、俗に毛穴が大きくなったと言いますが、実際には皮膚の表面が盛り上がっての事が多くを占めます。 ですので、それを取り除く事で本来の毛穴の大きさに戻る事が待出来ます。 ですが肌の再生を促す作用なので、頻繁に行う事は他の炎症やシミやホクロなどの誘発を避ける為にも控えたいものです。 まずは角栓が出来ないようにまめに洗って、出来てしまったら大きくしないなど、それでも改善しない場合に時機を見て行うのが理想でしょう。